リテールアナリティクス 小型カメラタイプ

消費者の行動を見える化

店舗の入口やディスプレイ、棚前に設置することで、お客様の交通量・入店数・年齢や性別といった属性を記録することが可能です。
こちらのカメラは個人特定はしませんので、プライバシーは守られます。



Vieureka IoTカメラ内の画像解析アプリにより、「来店客の人数」、「属性情報(性別、年齢、滞留時間)」をデータ化し、「商品棚の陳列状況の変化」をグラフィカルに確認できます。

ID-POSデータだけではわからなかった、購買に至るまでの来店客の行動や商品棚の陳列状況を定量化することが可能です。

来店分析サービスは、デジタルの力で店舗運営をサポートします。



来店分析サービスの主な特長

かんたん導入

現場のパソコンや広帯域のネットワークが不要なため、IoTカメラを設置するだけで簡単にサービスをスタートできます。
初期コスト、月額コストが劇的に圧縮されるので、1店舗からスモールスタートし、数十店舗に順次拡大するのも簡単です。

プライバシーの保護

IoTカメラ内で画像解析を行うため、画像はIoTカメラ内で破棄されます。
そのため、店舗内のお客様のプライバシーが保護されます。

サービスのアップデート

Vieureka PFの特長を活かし、IoTカメラ、サービスは進化し続けます。
ヒトを見ていたカメラがある日、モノを見始めます。
アップデートにより、導入したときよりも進化し続ける体験をご提供します。





システム構成

店舗

画像はIoTカメラ内で破棄されるため、プライバシーを保護したメタデータのみが送信されます。

クラウド

クラウドでのデータ管理により、いつでも・どこからでもデータ閲覧・画像・CSVダウンロードが可能です。

オプション

WebAPIを利用することで他のシステムと簡単に連携できます。





提供する機能

マスク装着のままでも属性推定が可能

新型コロナウイルスの流行以来、大多数の来店客がマスクを装着するようになり、性別と年齢の属性を推定できないという課題を、ディープラーニングの手法を活用した顔検出エンジンを搭載することで解決しました。

参考情報:
 トピックス「業界初、Vieureka来客分析サービスにマスク装着のままでも属性推定が可能な機能を開発」(Panaosnic Newsroom)

来店客の人数カウント情報、性別、年齢、滞在時間などをわかりやすいグラフで表示します。データはCSVファイルとして、グラフは画像ファイルとしてダウンロードが可能です。WebAPIにより他のシステムとの連携も簡単です。

エリアごと、キャンペーンを施した売り場ごとの複数のデータを集計・分析することで、従来見えなかった来店客の行動履歴を可視化できます。




効果

ID-POSデータだけではわからなかった、「実際の来店客の男女比、年齢層」「エリア毎の到達率」「棚前の立寄り率」「商品への接触率」「購買率」など詳細なコンバージョンにより、来店客の購買・非購買行動がわかります。

キャンペーンや売り場改善(レイアウト変更、棚割り変更、POPの設置など)の前後を数値と画像を用いて比較することで、客観的かつ定量化された指標で効果を評価できます。

長年の勘や経験に頼らない、データに裏付けされた店舗運営が可能です。





※「Vieureka」はVieureka株式会社 ( https://www.vieureka.com/ )の商品です。




『ACTIVE STORE』の詳細はこちらのページよりご覧ください

 

  • Sort by